美と健康にアプローチ

疾患問わず手術が可能

医療

健康と美容のどちらにも応用可能なのが整形で、整形外科においては筋骨や関節を治療する分野となるために健康を意識することができ、肌疾患を治療するのが形成と美容整形の分野です。例えば、腫れぼったい・弛みなどによるコンプレックスの代表的なパーツが、一重まぶたや奥二重まぶたで、美容外科にて二重まぶたの手術が展開されています。同じように、類似する手術となる眼瞼下垂を展開するのが形成の分野で、この場合、整形するという目的は同じであり、疾患のある方を対象としているのか、その違いで科目を選択することにより、コンプレックスに最適な治療が受けられます。整形外科同様に技術も高く、健康を目的とした疾患ではなく、美容目的での健全者もコンプレックスによる手術を受けることは可能になっています。心身共に健康であることにより、年齢問わずに快適な生活を送ることができ、整形外科と美容外科においては異なるアプローチ法であるものの、健康と美容の質を向上させたり、サポートしてくれる役割を持っているため、混同させて利用することもメリットとなります。

誤認識しやすい知識

整形にも美容整形と外科による2種類の科目があり、一般に広く認知されているのが美容科目です。そのため、外科においてフェイスラインを整える手術が行われているイメージが根強く、混合した誤認識による相談などが相次いでいます。また、美容目的となる整形は、形成外科の科目であるものの、一部に過ぎないこともポイントで、本来の役割となるのが、病気や怪我による外見の治療や再生を目的としています。豆知識として、エイジングやバストアップなどの美容目的では保険は適用外となるものの、健康を目的とした形成での治療には保険が適用されることも知っておきたい知識です。また、外科の技術と美容の技術がしっかり反映されるため、縫合や赤み、腫れなどの仕上がりまでを意識できるのも魅力の1つに挙げられています。治療やリハビリや外傷などの内容によって、誤認識しやすい診療科目が多いものの、心身の健康と美容に欠かせない役割を整形医療全般で担っているのは、時代のニーズに合わせた結果と言えます。