美を意識できる施術

加齢にもアタックできる

美容整形

火傷などの皮膚トラブルを抱えてしまった場合に治療を受けるように、エイジングした肌も治療によって甦らせるアンチエイジングを可能にしています。美容整形にも医療技術が駆使されており、失ったモノを取り戻すのが外科治療の特徴である一方、全く新しい自分に生まれ変わることを目的としたのが美容整形の特徴となります。例えば、弛んだ一重まぶたにコンプレックスを抱える場合、治療ではなく整形を施し、新しい形を作り出します。近年、エイジングサインに悩みを抱え、美容整形の診療科目に来院するケースが増えていますが、肌の再生医療に関しては美容整形ではなく医療分野のカテゴリーに分類されているのも特徴の1つです。肌の再生を試みる場合、美容整形での施術には脂肪を取る・皮膚を切り取る・異物を入れるなどからアプローチし、クマ・シワ・たるみなどのエイジングサインを別々のものとして対処します。しかしながら近年、美容整形においても別々ではなく、トータルした肌再生を行ってくれる試みがスタートし、本来のハリある素肌を取り戻すことが可能で、生まれ変わりではなく、機能を戻すことを目的にしています。整形は違和感の出る見た目により、施術を受けたことが容易に察しが付くため、本来の機能を意識することで自然な仕上がりに結び付き、実年齢でも若さのある整え方が可能となる特徴が挙げられています。

本来の機能を高める

エイジングサインによる肌再生施術を美容整形によって行う場合、他の美容法との併用も可能となります。美意識の高い女性にとって、肌の再生医療として専門となる美容整形で治療を進める傾向にあります。真皮線維芽細胞を増やすことにより、シワやたるみなどのエイジングに伴う肌悩みを改善させることが可能で、その他の治療にも細胞を活性化させることができるレーザー治療、PRPやセルリバイブなどの治療なども展開されています。アンチエイジングを目的とした美容整形の場合、薬剤や異物に頼ることなく、自分の生きた細胞を用いるため、安全性が極めて高いのも知っておきたい知識です。通常、整形においては異物を混入させる施術が展開されているものの、美を意識する美容整形では、元々から肌の中にある肌細胞を注入するため、肌を根本的に若返らせることが可能となります。このことにより、異物によるアフターケアが不要となるだけではなく、老化速度を遅らせることも可能で、プチ整形の範囲で施術が提案されています。